ゼスティノ

ゼスティノブースに多くのご来場ありがとうございました。


大好評だったゼスティノブース。


多くのカスタマイズカー、ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン2018」。
昨年に引き続きゼスティノも出展し、多くのお客様にご来場いただきました。
各シリーズのゼスティノタイヤの展示、装着レースカーの展示をはじめ、日々野選手のサイン会の開催、昨年も大好評だったVRシミュレーターにもお客様にご利用いただきました。
ゼスティノブースに多くのご来場ありがとうございました。

GALLERY / ギャラリー




東京オートサロン2018 ゼスティノ装着車両レポート&インタビュー


ROWEN 様 / C-HR


ROWEN
カスタマイズ事業部 部長
髙橋美行(YOSHIYUKI TAKAHASHI)様

ブリオズはショルダーの寝方がとてもキレイなのが気に入っています。ショルダーが逆反りしたり、ポコンと膨らんだりすることも多いのですが、キレイなアールのままで組み付けができる。ウチみたいにエアロやマフラーやホイール(今回のサロンで第一弾を発表)までやっているところにとってはクルマ全体を魅せたいので、タイヤの自然なマッチングはとても大事にしているところなんです。やっぱり違和感のある履きこなしでは、気づかないようで「うん!?」って目が行ってしまうのものなんですよね。その点ブリオズは良い意味で自然なんです。収まりの良いタイヤ、と言えると思いますね。

【出展車両データ】
車名:C-HR
タイヤ:ゼスティノ・ブリオズ01S

ご協力ありがとうございました!

ショーアップ 様 / アウディQ2


株式会社シグナル ショーアップ事業部マネージャー
真野健太(KENTA MANO)様

今回の東京オートサロンに合わせて採用して、実際に組み付けをしたのは、他のものなので使い勝手というところは正直分からないんですが…。でも履いてるのが235/30の21インチなんですけど、21インチでこの細さ(235)があるっていうのが、今回採用させていただいた大きな決め手ですね。なので、今までにないサイズの21インチというのは、本当に魅力だと思います。特にカスタマイズカーでは。
これはアウディのQ2なんですが、フェンダーはツメ加工くらいしかしていないんです。それで21インチが履けてしまうのは、ありがたいですよね。
大阪から自走で持ってきましたが、乗り心地も良い意味で、いたって普通。最初はもしかしたら、ちょっと硬いかなとか、うるさいかな、って思っていましたが、まったく気になることはありませんでしたね。

【出展車両データ】
車名:アウディQ2
タイヤ:ゼスティノ・ブリオズ01S

ご協力ありがとうございました!

STガレージ 様 / 130マークX


昨年のVIPSTYLE MEETINGから引き続きゼスティノが誇るコンフォートタイヤシリーズを採用いただいてるSTガレージ様。
20インチが限界かと言われていた130マークXに21インチを装着する企画にご協力頂き、タイヤで足元からサポートをさせていただきました。
採用いただいたサイズは、ブリオズ01S.  フロント:255-25-21、リア275-25-21 になります。
いつもありがとうございます。今後ともゼスティノタイヤ・ジャパンをよろしくお願いいたします。

【出展車両データ】
車名:130マークX
タイヤ:ゼスティノ・ブリオズ01S(F:255/25-21、R:275/25-21)

ご協力ありがとうございました!

Tスタイル 様 / ハイエース


株式会社 T・S・D
T-STYLE AUTO SALES
代表取締役 長谷川友紀(TOMOKI HASEGAWA)様

実は僕、今回初めてゼスティノの07Rを使ったんですよ。なのでまだ首都高くらいしか走ってないのですが、やっぱり一般的なラジアルタイヤとは全然違いますね。スポーツタイヤらしく、グリップ力が全然違う。首都高でのコーナリングでも速度域が全然高くなるし、ちょっとの間だけどとても楽しかった。
でも、スポーツタイヤとしては全然乗り心地も良いし、ノイズも気にならないのも良かった。
実は来週、セントラルサーキットで走るのですが、今から楽しみでしょうがないんです。いままではラジアルタイヤだったので、どれくらいタイムを詰められるか、ワクワクしています。
そんな感じで楽しみすぎて、ホイールも18インチの鍛造を作っちゃったくらいですからね(笑)。

【出展車両データ】
車名:ハイエース
タイヤ:ゼスティノ・グレッジ 07R

ご協力ありがとうございました!

AVEST 様 / 30アルファード


株式会社AVEST 代表取締役 山口健吾 様

実は、今回の東京オートサロンに出展のために装着したので、まだ走行フィールとかについては未知数で…。
ただ、サイズ感についてはいいですね!アルヴェルはもう、僕らの感覚では20インチではなく21インチがスタンダードといっても良い車種なんだと思います。それを考えると、低価格なタイヤがあるというのは、普通の方にとっても21インチがドレスアップのスタートラインにできるのかな、と思いますね。そうやってカスタムやドレスアップの幅が広がるのは素晴らしいことだと思います。

【出展車両データ】
車名:30アルファード
タイヤ:ゼスティノ・ブリオズ01S

ご協力ありがとうございました!

セブンスブランド 様 / 130マークX


センスブランド
代表取締役 結城啓一朗 様

なにより薄いのが最高にカッコいいですよね。もう遠目に見ると、ホイールだけで走ってるのか?ってくらい(笑)。21インチホイールの大口径感がストレートに味わえるのが一番の特徴ではないでしょうか。また、その薄さを武器に、20インチと変わらない外径をキープできるのもオススメポイント。このデモカーは130マークXなんで20インチがマックスかな、ってところですけど21インチが履けてますからね。
一般的な35扁平のクルマを見ると、ずいぶん分厚いな!って思ってしまいますよ。一度知ってしまうと、25扁平はクセになると思います。
ただ、街乗りにはすこし薄いかなという印象。道路からコンビニに入る時とかは、注意が必要でしょうね(笑)。なので、ドレスアップ専用と割り切る必要は25扁平にはあると思います。

【出展車両データ】
車名:130マークX
タイヤ:ゼスティノ・ブリオズ 01S(F245/25-21、R275/25-21)

ご協力ありがとうございました!

ティーズスタイル 様 / 86


今回ワイドボディーの86に採用いただいたティーズスタイルさん。
コンセプトとした「美しく速く壊れない見た目良しの車造り」を足元からサポートさせていただきました。
採用いただいたサイズは、グレッジ07RR 265-35 ZR18 になります。
いつもありがとうございます。今後ともゼスティノタイヤ・ジャパンをよろしくお願いいたします。

【出展車両データ】
車名:86
タイヤ:ゼスティノ・グレッジ 07R(F265/35-18、R265/35-18)

装着ありがとうございました!

ブラックパールコンプリート 様 / C-HR


ブラックパールコンプリート
高島洋二 様

ずばり、すごく良い!(笑)。それはまあ冗談として、とにかく履かせやすい(組み付けやすい)なあというのが印象です。21インチともなれば組み付けが結構大変で、バールを差し込んでやってたりするとホイールに傷をつけたり、ビードが切れたり、また固すぎて台座だけ回って手を焼くことが多いんです。でも、ブリオズはそれがスムーズなので、作業も楽ですね。
また、ライフが長いのもいいなと思います。21インチの他のものだと、ローテーションしようと思って外すと内側が結構傷んでしまっていることも多い。だけどブリオズはコブができていたり、傷が入っていたりがなく、長く使えるなと思いました。劣化の蓄積が少ないタイヤだと思いますね。
さらに、今回はCH-Rに履かせたので30扁平を使いましたが、25扁平もあるというのは、いざという時の安心感にもつながる。より攻めたい時には助かりますね。

【出展車両データ】
車名:C-HR
タイヤ:ゼスティノ・ブリオズ01S

装着ありがとうございました!

ケースペック 様 / C-HR


ケースペック マーケティング広報課
広報 筒井 修(OSAMU TSUTSUI)様

21inchのアルミホイールに適したタイヤはこぐ僅かしか出回っておらず、タイヤ選びも限りがある中でドレスアップと言うカテゴリーも網羅しているゼスティノのブリオズ01S。
  トレッド面は非対象のマルチパターンでドライ・ウェットの路面にも対応していて、実際の走行ではロードノイズも少なく急なカーブで車重による負荷が掛かる場面でも安定したグリップを感じる事が出来ました。
  装着感もタイヤを引っ張れることから車高を限りなく落とせるメリットもありますし、リムガードの立ち上がりも良くサイドビューもカッコ良く見えますね。
  ホイールに実際タイヤを装着する時は低扁平なのでビードにキズをつけない様に神経を使う部分がありますが、走行シーンでは「曲がる・止まる・踏ん張る」と言った3要素を兼ね持った期待できるドレスアップ専用タイヤだと思います。

【出展車両データ】
車名:C-HR
タイヤ:ゼスティノ・ブリオズ01S

装着ありがとうございました!

NACS 様 / ハイエース


NACS福岡店
本村大(HIROSHI MOTOMURA)様

初めて他社さんのタイヤから変更した時、ハンドルが軽く感じられ本当にグリップするのか?と思ったのですがしっかりとグリップしてビックリしましたね。 もちろんスポーツタイヤなので、静粛性は高くはなく、フェンダー内で小石などをすごく巻き込んで音もするのですが、それもグリップが高いということの証明でしょうね。
サーキット走行では熱を入れるまでに時間がかかりましたが、その後のフィーリングもすごく良い。
立ち上がりのコントロール性やスタート時のグリップ性も高いですよね。
それらの性能に対して、価格も手ごろで良いタイヤだと思います。

【出展車両データ】
車名:ハイエース
タイヤ:ゼスティノ・グレッジ 07R

装着ありがとうございました!

ギブソン 様 / ハイエース


GIBSON(株式会社ストーク)
代表取締役 小西明治(AKIHARU KONISHI)様

ゼスティノ・グレッジの最大の特徴はそのコントロール性と剛性感ではないでしょうか。車重のあるワンボックス車両でのサーキット走行でも路面から伝わってくるインフォメーションは非常に分かりやすく、安心してアクセルを踏んでいけましたね。
ゼスティノタイヤ開発ドライバーの日比野哲也選手にも弊社のデモカーに乗っていただきましたが、高い評価をいただいています。
ワンボックスカーでGTスポーツ走行というコンセプトを足元からサポートしてもらえていることに感謝です。実際このカテゴリーの他社デモカーもほとんどゼスティノタイヤ装着で、ほとんどワンメイクのようですもんね(笑)

【出展車両データ】
車名:ハイエース
タイヤ:ゼスティノ・グレッジ 07R

装着ありがとうございました!

スタンスマジック 様 / R32スカイライン


株式会社パンドラ スタンスマジック事業部
高松憲次(KENJI TAKAMATSU)様

今回のスカイラインの装着タイヤは、新作のデモカーということもあり、会社から幕張メッセの往復しかしていないのでインプレッションがありません…。
ですので、昨シーズン使用させて頂いた、S660の07RSの印象をお伝えしますネ。
ハイグリップタイヤにもかかわらず、タイヤのライフが非常に長い!
弊社のデモカーはなんと!1年間も使用可能でした。
価格的にも国産ハイグリップタイヤよりも廉価なので、お財布にも非常に優しいタイヤと言えますね。
また、夏場の使用でもタレの度合いが小さいので、レース後半でも安定したタイムが刻むことだできました。
乗り心地も一般的なラジアルタイヤと遜色なく、自走でのサーキット移動も全く苦になりませんし、ロードノイズは若干高めですが、あまり気になるレベルではないですよ。
サーキット走行をされる一般ユーザーの方にもオススメできると思います。

【出展車両データ】
車名:R32スカイライン
タイヤ:ゼスティノ・グレッジ 07R

装着ありがとうございました!

ボディライン 様 / NV350キャラバン


ボディライン(株式会社ブリング)
代表取締役 大久保博正(AKIHARU KONISHI)様

組み付け時には、他のタイヤに比べてビードがかなりしっかりしているな、と感じました。
デモカーのNV350キャラバンに装着し走行した時の第一印象は「とにかく食いつく!」なと。
その前は他社メーカーのタイヤを装着していましたが、その違いはかなり明白でしたね。
イベントのデモンストレーションでアクセルターンをかなり披露し(笑)、結構すり減った状態からでもグリップする感じ。耐久性もあるので、僕たちが仕掛けようとしている箱バンレースには合うのかナ!と思いますね。

【出展車両データ】
車名:NV350キャラバン
タイヤ:ゼスティノ・グレッジ 07R

装着ありがとうございました!

tFCXubN cCb^[ CX^

^